イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
獣の柱
『獣の柱』 図書館的人生Vol.4襲ってくるもの
『図書館的人生Vol.4』 散歩する侵略者
『散歩する侵略者』 天の敵
『天の敵』 語る室
『語る室』

お問合せ

これまで TOPに戻る
聖地X
東京公演 2015年5月10日 - 5月31日 シアタートラム
大阪公演 2015年6月 5日- 6月 7日 ABCホール

聖地X

作・演出
前川知大

■未知数のX。未知なる聖地。奇妙な力が宿る土地。
この世に起こる不思議な出来事は、人の怖れを鏡のように写したもの。たぶんそれは地球のしわざ。
そこが神聖な場所となるか、悪夢の舞台となるかは、訪れる人の想像力次第。
ドッペルゲンガーの出現から、土地の秘密に迫っていく、SF推理喜劇。
(2010年初演「プランクトンの踊り場」改題)
聖地X

■東京から特急で一時間ほどの距離にある田舎町、金輪町。
東 要(あずま かなめ)は夫に嫌気がさし、金輪町の実家に戻って一ヶ月が経つ。
離婚しか考えてなかった要だが、夫の滋(しげる)が一向に会いにこないことに腹を立てていた。
ある日、要は町で滋の後ろ姿を見かけ、後を追う。
そこで再会したのは、荷物も携帯も持たず、自分の住所さえも知らない滋だった。
滋は自分の足取りを調べる内に、東京にも自分自身が存在していることを知る。
要の兄、輝夫(てるお)は、このドッペルゲンガー事件を調べ始めると、この町には過去に同じような事件があったことが分かってくる。
それはある特定の場所で起きていた。

キャスト
東 要(主婦)……伊勢佳世
山田輝夫(無職、要の兄、自称高等遊民)……安井順平
東 滋(会社員、要の夫)……浜田信也
江口塔而(不動産屋、輝夫の同級生)……盛 隆二
星野一恵(会社員、滋の上司)……岩本幸子
島 忠(レストラン「ニュルブルク」オーナー)……森下 創
藤枝次朗(「ニュルブルク」料理人)……大窪人衛
百瀬由香里(山田家の家政婦)……橋本ゆりか
大河原和夫(大学生)……揮也

聖地X
聖地X
聖地X

■スタッフ
ドラマターグ・舞台監督:谷澤拓巳/美術:土岐研一/照明:松本大介/音楽:かみむら周平/音響:青木タクヘイ
衣裳:今村あずさ/ヘアメイク:西川直子/宣伝美術:鈴木成一デザイン室/イラスト:チカツタケオ/舞台写真:田中亜紀
企画制作・主催:イキウメ、エッチビイ

PAGETOP
@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


聖地X
『聖地X』