イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
図書館的人生Vol.4襲ってくるもの
『図書館的人生Vol.4』 散歩する侵略者
『散歩する侵略者』 天の敵
『天の敵』 DVD 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参
『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』

お問合せ

これまで TOPに戻る
獣の柱
東京公演 2019年5月14日-6月9日 シアタートラム
大阪公演 2019年6月15日、16日 サンケイホールブリーゼ


作・演出
前川知大

あらゆる都市に巨大な柱が降り注いだ。
それは人々にあきれるほどの祝福を与え、静寂のうちに支配した。
世界は大きく変わり、長い時間が経った今も、柱は人の生活を寄せ付けない。
柱は人間に何を課し、何から解放したのか_。

キャスト(2001年〜)
二階堂 望(天文マニアの市役所職員)…浜田信也
二階堂 桜(望の妹、小説家)…村川絵梨
山田輝夫(天文マニアの農家、望の先輩)…安井順平
藤枝次郎(望と輝夫の後輩)…大窪人衛
佐久間一郎(護摩の灰)…市川しんぺー
堀田 蘭(護摩の灰)…松岡依都美
島 忠(失踪中の俳優)…薬丸翔
有馬賢一郎(新聞記者、桜の元夫)…盛 隆二
時枝 悟(有馬の幼馴染、研究者)…森下創
益子真知子(研究員、時枝の教え子)…東野絢香

遍路X…盛 隆二
刑事X…森下 創

キャスト(2051年)
山田和夫(輝夫の孫、新人類)…大窪人衛
神崎 恵(新人類)…東野絢香
山田聖子(和夫の母、輝夫の娘)…松岡依都美
大道寺 修(山田家の召使い)…市川しんぺー
二階堂 望(受肉の存在)…浜田信也
島 忠(受肉の存在)…薬丸翔

■ストーリーライン
物語は2001年から始まる。海と山に挟まれた小さな町・金輪町。アマチュア天文家の二階堂と山田は、近所の山に落ちた隕石の破片を拾う。その隕石は、見る者に恐ろしいほどの幸福感をもたらす。一度目にしたら夢中になり、思考を奪い、目をそらすことができない隕石。一人で見たら最後、死んでしまうまで目が離せなくなることになる。隕石が落ちた後、続いて空から巨大な柱が降り注いだ。世界中の都市に300mの巨大な柱が降り注いだ。それは見る者の思考を奪い、人々にあきれるほどの祝福を与え、虜にした。柱が視界に入る地域は居住不可能になり、都市の人々は難民化した。それは静寂のうちに人々を支配した。人口密度の高い土地を狙って出現する柱。それを理解した人間は、小さな町で人口を制御しながら細々と暮らすようになった。柱はご神体として崇められるようになっていった。
時は流れ、2051年、柱の影響を受けない、解放された世代が誕生しつつあった。柱は人間に何を課し、何から解放したのか_。

■スタッフ
ドラマターグ・舞台監督:谷澤拓巳/美術:土岐研一/照明:佐藤 啓/音楽:かみむら周平/音響:青木タクヘイ
衣裳:今村あずさ/ヘアメイク:西川直子/振付:下司尚実/演出助手:須藤黄英
Photo:Danila Tkachenko/宣伝美術:鈴木成一デザイン室/プロデューサー:中島隆裕
演出部:山﨑牧 大久保早智恵/照明操作:溝口由利子/音響操作:矢野夏帆 早川毅/美術助手:小野まりの
舞台写真:田中亜紀/票券:宍戸 円/制作部:坂田厚子 谷澤 舞
主催:エッチビイ

提携:公益財団法人せたがや文化財団、世田谷パブリックシアター/後援:世田谷区、TOKYO FM
運営協力:サンライズプロモーション東京、サンライズプロモーション大阪
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)、公益財団法人セゾン文化財団 

PAGETOP
@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』