イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
図書館的人生Vol.4襲ってくるもの
『図書館的人生Vol.4』 散歩する侵略者
『散歩する侵略者』 天の敵
『天の敵』 DVD 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参
『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』
小説『小説『太陽』
『太陽』
お問合せ

これまで TOPに戻る
表と裏と、その向こう
東京公演 2008年7月2~6日 紀伊國屋ホール/福岡公演 12、13日 西鉄ホール
/大阪公演 18~20日 HEP HALL


 

作・演出
前川知大

出演
浜田信也/盛 隆二/岩本幸子/
森下 創/緒方健児/
西牟田 恵/内田 慈/安井順平

 
 
 


今より少し未来。
ユビキタス特区(地区全体が情報化されたモデル都市)としてゼロから開発された初の地区。
生体情報を元にしたID一つで、すべての経済活動、健康状態から行動履歴まで管理されている、
数値化された人間の住む町。
山根の両親は離婚し、彼は父親と二人で暮らしていたが、中学を卒業した頃、父親にも捨てられる。
ある日、山根は自分のIDが無効になっていることを知る。
同時に、寝泊りするネットカフェに保住という女性が現れ、山根に父親の死を告げる。
彼女は父親の再婚相手で、名目上は継母、山根を引き取るという。
拒否する山根に保住は別のIDを与え、大学へ通うことを提案。
厭世的で引きこもりがちだった山根は、保住によって外に引き出される。

山根は大学で黒澤というボクシングをする女子と出会う。
黒澤は、真剣勝負で集中力が高まると「時間が延びる」感覚がするという。
黒澤の言葉に興味を持つ山根。
彼女も山根の境遇に興味を持ち、山根の父親について、そして彼の持つ仮のIDについて調べることを提案する。
生きることに意味を見出せず、消極的な山根は、生き急ぐような黒澤のペースに巻き込まれていく。

 
   
 

-------------------------------------------------------------------

スタッフ
美術:土岐研一/照明:松本大介/音響:鏑木知宏/楽曲提供:安東克人/衣裳:今村あずさ/ヘアメイク:前原大祐
演出助手:矢本翼子/舞台監督:谷澤拓巳、棚瀬 巧/宣伝美術:図工ファイブ/舞台写真:田中亜紀
制作:中島隆裕、吉田直美/企画制作:イキウメ
 
PAGETOP
 
@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』


くらいところからやってくる
『くらいところからやってくる』