イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
図書館的人生Vol.4襲ってくるもの
『図書館的人生Vol.4』 散歩する侵略者
『散歩する侵略者』 天の敵
『天の敵』 DVD 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参
『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』
小説『小説『太陽』
『太陽』
お問合せ

これまで TOPに戻る
眠りのともだち
2008年2月27日~3月9日 赤坂RED/TEATER


 

作・演出
前川知大

出演
浜田信也/盛 隆二/森下 創/
緒方健児/宇井タカシ/岩本幸子
日下部そう/奥瀬 繁/小島 聖

 
 
 


早坂水穂は、夫郁夫とは別居中。半年前友人の寺越宅へ引越し、ルームシェアをしている。
郁夫は諸事情により、三日前からその部屋に厄介になっている。家主の寺越は五日前から連絡が取れず、水穂は警察に届出を出している。
眠る前、水穂は郁夫に自分が見た夢の話をすると、二人は同じ夢を見ていたことがわかる。
夢を共有するというのはどういうことだろうと考えているうちに目が冴え、水穂は再び起きて郁夫と夢の話を続ける。
夢の中でそれを夢と気付くことは可能だろうか? 
世界のほころびを注意深く観察しなくてはいけない。
そんなことを議論しているうちに、水穂は細かな違和感を感じはじめる。会話もおかしい。
そして自分が既に夢の世界にいることを知る。
そこには見知らぬ男が現れ、水穂は今明晰夢という状態であるという。
目が覚めたら自分の所に来るようにと、名刺を置いて夢の管理人のような人物は去る。
夢の世界で眠り、そこでまた夢を見たらどうなるのだろう。水穂はそんな興味を抱きながら眠りに付く。
水穂は「夢のまた夢」に落ちてしまった。

 
   
 

-------------------------------------------------------------------

スタッフ
美術:土岐研一/照明:松本大介/音響:鏑木知宏/楽曲提供:安東克人/衣裳:今村あずさ/ヘアメイク:前原大祐
演出助手:矢本翼子/舞台監督:谷澤拓巳、棚瀬 巧/宣伝美術:図工ファイブ/舞台写真:田中亜紀
制作:中島隆裕、吉田直美/主催:イキウメ
 
PAGETOP
 
@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』


くらいところからやってくる
『くらいところからやってくる』