イキウメ
 
公演概要
劇団員
これまで
カタルシツ
掲載情報
通信販売
 
散歩する侵略者
『散歩する侵略者』
DVD 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参
『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』
小説『小説『太陽』
『太陽』 語る室
『語る室』
関数ドミノ
『関数ドミノ』

お問合せ

これまで TOPに戻る
散歩する侵略者
横浜プレビュー公演 2011年4月23日、24日 KAAT 神奈川芸術劇場大スタジオ
東京公演 2011年5月13日~29日 シアタートラム
大阪公演 2011年6月4日、5日 ABC ホール
北九州公演 2011年6月12日 北九州芸術劇場中劇場

作・演出
前川知大

キャスト
加瀬鳴海(真治の妻)…伊勢佳世
加瀬真治(鳴海の夫)…窪田道聡
桜井(記者、元警察官で船越浩紀の後輩)…浜田信也
船越明日美(鳴海の姉)…岩本幸子
船越浩紀(明日美の婿、警察官)…安井順平
丸尾(フリーター)…森下創
長谷部(丸尾の友達)…坂井宏充
天野光夫(中学生)…大窪人衛
立花あきら(看護学生)…加茂杏子
車田(医師)…盛隆二

■地球侵略会議はファミレスで

日本海に面した小さな港町。
大陸に近いこの町には同盟国の大規模な基地がある。
この国にとって戦略的に重要な土地だ。
加瀬真治は、地元の夏祭が終わると性格が一変していた。
今までの記憶を失くし、町の徘徊を始める真治。
夫を介護しなければならなくなった妻の鳴海は、新しい生活に戸惑う。
町に事件が起きる。
それは老婆が息子一家を刺殺した後、自殺するという凄惨なものだった。
同じ頃、海岸線では町の人々が奇妙な光を見る。
それが隣国のミサイル誤射であることをテレビのニュースは伝える。
凄惨な事件と、軍事的な緊張とが相まって、町には不穏な空気が流れていた。
そして、真治は鳴海に告白をする…。



舞台監督 谷澤拓巳/美術 土岐研一/照明 松本大介/音楽 かみむら周平/音響 鏑木知宏/
衣装 今村あずさ/ヘアメイク 西川直子/演出助手 石内エイコ/演出部 棚瀬巧/美術助手 大泉七奈子
制作 中島隆裕 吉田直美/宣伝美術 鈴木成一デザイン室/宣伝写真 高橋和海/舞台写真 田中亜紀

(東京公演)提携 公益財団法人せたがや文化財団 世田谷パブリックシアター/後援 世田谷区 TOKYO FM/
運営協力 サンライズプロモーション東京(大阪公演)運営協力 サンライズプロモーション大阪
(北九州公演)提携 北九州芸術劇場
協力 公益財団法人セゾン文化財団/ 助成 文化芸術振興費補助金(トップレベルの舞台芸術創造事業)

主催イキウメ/ エッチビイ(東京・大阪・北九州公演)、神奈川芸術劇場(横浜プレビュー公演)

PAGETOP
Performing Arts Network Japan
劇団・作品紹介
        


@TomoMaekawa

@TomoMaekawa


リヴィングストン
『リヴィングストン』


くらいところからやってくる
『くらいところからやってくる』